試験監督のお仕事

試験監督の仕事は、単発のお仕事の中でも人気のあるもののひとつです。そのお仕事の魅力は、時給の高さと単発のお仕事という特徴上、忙しい方でもプライベートに大きな影響を与えずに休息時間に仕事をすることができるという便宜上の利点が大きいということです。とはいえ、試験監督のお仕事はとても人気があるため、きちんと情報を掴むことがそのお仕事に就くためには必要となります。

どのようにしたらお仕事が見つかる?

人気のあるお仕事ではありますが、きちんと情報を確認していけばお仕事と出会うことはそう難しくないようです。インターネットの検索エンジンから、試験監督と入力して検索してみるとそのタイミングで募集しているお仕事を見つけることができます。単発のお仕事とはいえ、いろいろな試験が世間では随時行われていますので、こまめに確認することが大切です。

雇用形態はどのようになっているのか?

このお仕事の特徴としては、単発のお仕事ということがあり、アルバイトもしくは派遣社員としての雇用がなされることになります。未経験者の場合には、事前に研修の準備もありますので、これらに出ることによって自信を持って仕事を遂行することができるようになるでしょう。ただし、いずれにしても責任のあるお仕事であることには変わりありませんので、試験当日に飛び込みで仕事をするようなものではなく、事前に会社に登録をして面接を受けることによってこの仕事を得ることができるようになる点は理解しておきたいものです。

応募資格、応募要件はあるのか?

扶養控除の範囲内で働きたい人ももちろん応募できますし、今何かの仕事をしている人のダブルワーク、副業としても良い仕事です。また、年齢制限も特にないケースが多く60歳以上歓迎という場合があるのも特徴です。ひとつ特徴的な応募要件としては、スーツの上下を持っている人ということはほとんどのケースで要件として入っているようです。何故ならば、試験監督として働くということは受験者から見れば、その試験運営団体の社員、スタッフであるというように理解されますので、それにふさわしい服装が当然に必要となってくるのです。

白いシャツを必ず着用しなければならないというケースもありますので、このような服装にきちんと対応できなければ、この仕事に応募することは難しいかもしれません。上等なスーツは必要ありませんが、清潔感を持ってきちんとした印象を与えることができるレベルのものが必要となります。

また、同様の趣旨で、髪の毛についても茶髪、金髪というような黒髪以外の髪の毛の場合には応募できないケースもあります。これはケースバイケースのようですが、改まった席であるということを理解のうえ、それ相応の髪の色、ヘアスタイルを整えて応募することが大切です。

待遇はどうか?

このお仕事の魅力は、やはり時給が一般よりも高いということです。平均すると1000円前後の時給のものが圧倒的に多いのですが、派遣社員として働く場合には1400円前後のものもあります。もちろん、時給が高い場合の方が、応募要件は厳しくなりますが、時給も比べて応募してみるとよいでしょう。

継続してこの仕事をするにはどうしたらいいのか?

試験監督のお仕事は、原則単発で行われます。週末に1回限りというものも少なくないのですが、継続してこの仕事をするには、年に何度も繰り返し行われる試験のものに応募したり、複数のお仕事にエントリーするということが大切です。また、こまめにお仕事情報をインターネットでチェックし続ければ、その都度行われている試験の監督をすることも可能となります。いずれにしても人気の高いお仕事であることには違いありませんので、良さそうなお仕事を見つけたら早めにエントリーするということを心がけたいものです。やりがいのあるお仕事ですので、責任を持って行いましょう。