パチンコ店でのイベントコンパニオン

パチンコ店のイベントコンパニオンのアルバイトを派遣会社で1日だけ体験したことがあります。いちばん近い駅から車での送迎があるので、近い駅までは交通費が出ないのですが、パチンコ店までは交通費がかかりませんでした。

その移動中の拘束時間も時給が発生していたので、往復2時間分の時給が発生しました。田舎の割に時給が900円で多い方だったのがよかったです。服装は衣装が準備されていてミニスカートのワンピースだったのですが、下にパンツをはいていてもよかったので特に気になりませんでした。到着してから仕事が始まるまでは時間があったので、その間は控室で休憩をしていました。もちろんその時間も時給が発生しています。仕事も始まったら先輩のアルバイトさんがマイクで話してくれるので、私たちは笑顔で立って人が通るたびにお辞儀をするだけでした。それを1時間くらいしたあとまた休憩をしての繰り返しのお仕事でした。たまにお客さんにおしぼりを配ったりもしますが、基本は立ってニコニコしているだけだったので全然疲れなかったです。芸能人がゲストで来ていて、その人が配るものを手渡したりもしました。

またイベントコンパニオンは衣装も派手だったので、髪色や髪型、ネイルまでも自由でした。先輩アルバイトの人が濃いメイクですごくサバサバしていたので気持ちも楽でした。

今回は派遣として参加していたので時給だったのですが、直接そのイベントコンパニオンの会社に登録すると日給制になってもっと多く給料がもらえるそうです。休憩とは別にお昼休みももらえたので、その時間は外までお昼ごはんを買いに行けました。ずっとパチンコ店にいたので耳が少し遠くなってたのが少し嫌でしたが、それ以外は疲れないし、お客さんと直接話したり関わったりすることがまったくなかったのですごく楽でした。先輩のアルバイトさんは何度かその店舗のパチンコ店に仕事で来ていたそうなので、常連のお客さんから手紙をもらったりしていました。お辞儀の仕方などは他の接客業と違い、やり方があるそうなので習いました。おへそらへんに両手を置いて、爪を見えるように指を立てておき、おしりを突き出すようにお辞儀をします。他の接客業のお辞儀とは少し違うと思いましたが、すごく脚がきれいに見えたりするのでさすがだなと思いました。今回は1日だけの体験だったので、露出は少な目のワンピースだったのですが、普段はおへそを出したりする衣装もあるそうなので、美に磨きをかけるように努力するんだろうなと思いました。

大変だったところは、仕事をしている間は常に笑顔なので顔が疲れるところくらいでした。しかし休憩の時間と働いている時間が半分半分くらいだったので大丈夫です。働いた時間は8時間くらいだったのですが、そのうち2時間は移動で3時間くらいは休憩をしていたので本当においしいアルバイトでした。また普通は1日だけのアルバイトでも先輩のアルバイトの人などに教えてもらうことなどあると思うのですが、立って笑顔にしているだけの本当に簡単なお仕事だったので特に教えてもらうこともなく、覚えることもありませんでした。帰りも駅前まで送ってもらったので座っているだけでよかったです。いろんな店舗に派遣されるらしいので主に土日の仕事だったんですけど、夜遅くもなく、朝もすごい早いわけでもなかったので大変ではありませんでした。今回は急に人手が足りなくなってしまったから派遣会社に依頼したようなのですが、普段はほぼ派遣会社に頼んでないらしいので、直接お仕事を登録しない限りは派遣でこの仕事はなかなかできないようです。一般受けはあまりいい仕事ではないと思うので長期はできないためすごくいい経験になりました。