一週間くらいの選挙スタッフ

派遣会社からの紹介で岡山県の倉敷市近くの区役所で選挙スタッフをしたことがあります。一週間ほどですが、その一週間は人生で一番楽してお金を稼げたと思います。

選挙当日含めて期日前投票での待ち受けや、案内スタッフでした。 時給は700円で交通費は支給されませんでした。 しかし、時間は1時間30分休憩の7時間30分労働でした。 お昼一時間と朝の10時と午後の3時の15分休憩もあり楽な仕事がさらに楽になったものです。

また選挙スタッフはほどほどの人が45歳以上で年配層ですが、さすがは選挙スタッフ!みなさん上品で紳士な方が多く、会話もなぜか学識があるし、人生の深さも感じました。 50代前後で派遣の外仕事した時は下品というかオラオラ系なトークやオーラの人がいっぱいだったのに選挙スタッフは、なぜにここまでとうほどオーラも優しさもトーク力も自分と合う人ばかりで不思議な楽しさを感じました。

仕事内容は、案内やパソコンで生年月日や本人かどうかの確認とか、選挙投票箱にきちんと用紙をいれたかどうかなど見守ることでした。 倉敷市から離れているので、一日を通してそんなに人が来ることは当日から三日前くらしかなかったです。 しかも万全すぎる人数体制ですし、どうせならもっともっとたくさんの人が期日前投票に来てほしいと思ったほどです。下手をすると7時間ちょいの労働時間で2時間は誰一人来ないこともありました。もちろんその時に来ないからといって飲食したり寝たらNGになります。そういう時はみなさんそれぞれが世間話をしていたものです。

みなさんの輝いていた60年代や70年代のトークが実はすごく楽しかったです。 仕事中なのに期日前投票に来られないとそういう話題が出てくるものです。アランドロンだとかマタハリだとかクリントイーストウッドの映画はハズレないぞという映画話は、話されてた50過ぎのスタッフさんの話し方がすごく印象に残っております。また、私は美味しいグルメや観光地に詳しいのですが、年齢層の方々は、それらのお店の歴史についても語ってくれました。

例えば、あのラーメン屋の店主ワシと同級生で、まさかあいつがラーメン屋開くなんて思わなんだと言われてた人もいました。さらに、自分が鴨方ですが同じく鴨方から来られている人がいて、喫茶店の紹介とかもしてくれました。本当にありがたい職場でした。また休憩時間、わざわざみんなが楽しめるようお土産とか大きなジュースボトルや果物を持参してくださる方もいて、休憩時間も仕事中もほんわかした空気が流れていました。

これで時給700円はおいしいです。期日前投票に来られる人のデータ入力やセリフで序盤緊張されてたスタッフさんも多かったけど後半はみなさん流暢にセリフも機会操作もマスターされました。毎日、清楚から始まり清楚当番があるのに派遣スタッフさん、我が我がと率先して掃除をしていたものです。また私が行った区役所は朝から出勤なのに新倉敷裏口からの道路なので、渋滞も毎朝なくて立地条件も最高でした。他の地域での選挙スタッフは渋滞や期日前投票での人の多さにぶったまげたという人もいました。 みなさんにこやかで助け合い、考えも深い方が多く一緒に働いていて安定感がありました。

時に暇で眠たくなることもありますが、本当に寝てしまうことはありませんでした。スタッフそれぞれの生き方、前の仕事、息子さんやお孫さんの様子などいろいろ教えてくれて、本当に楽しかったです。 選挙スタッフさんらの知り合いも期日前投票に何人も来られていたようで、ざっくばらんな会話もまた楽しかったです。 集計などわかりにくいとこは区役所の社員さんが助けてくれました。 社員さんはスタートとその日の終わりしか来ず、そういうのも楽な要因だったと思います。